かぼちゃのトレイル日和

トレイルランを中心に 走ること 読むことについて綴っていくブログ

【レース】京丹後スイス村マウンテンクロス

どうも かぼちゃです。

今年一発目のレースエントリーしました。

京丹後スイス村マウンテンクロスレース

京都は京丹後市で開催されるレースです。

youtu.be

kyotango-mtx.com

参加するのはマウンテンクロスレースの部。

25㎞/D+1000m

今まで参加してきたレースの中では短い距離ですが参加費も手頃で自宅からも日帰りで参加出来るのでエントリーしました。また第一回の開催が去年と出来たてホヤホヤのレース。なんだかワクワクします。

参加費が当日払い(エントリーは必要)なので仮にコロナで開催中止なってもお財布痛まないのは助かります。

コロナ禍で数々のレースにエントリーしては尽く中止に見舞われ昨年からの体調不良等でモチベーションはだだ下がりでしたが やっと気持ちの上がる目標が出来ました。

この記事書いてる時点であと約1ヶ月。楽しみです。

レースの内容等はまた書きたいと思います。

 

ここまて読んで頂きありがとうございます。

【トレイルラン シャツ】ティートンブロス アクシオライトティ

どうもかぼちゃです。

先日購入したトレランアイテムを紹介します。

ティートンブロス アクシオ ライトティー(TetonBros AXIO LITE TEE)

肌寒い季節も終わり 日中のランも熱くなって来ました。しかしまだ夏用の冷感素材のTシャツやノースリーブではちょっと身体が冷えすぎる。

Patagoniaのキャプリーンクールトレイルシャツの様なゴツ過ぎず冷え過ぎないTシャツを探していました。

そして手に入れることが出来たのがティートンブロスのMOBシリーズ アクシオライトティーです。

 

AXIOとは

ウールと化学繊維を使用した糸素材。従来のウール混の糸とは違う構造で撚られた糸で擦れに強くウール100%よりも吸水速乾性に優れた生地になっています。

www.teton-bros.com

デザイン

派手なロゴやプリントが主張しないシンプルなデザイン。ラン意外の普段着で使用しても違和感ないです。
f:id:kabocha-8:20220407013117j:image

こちらのカラーはグレーでどんなコーディネートにも合わせれます。
f:id:kabocha-8:20220407013137j:image

首元にタグがないのが〇。強いて個人的に言えばフックなどに吊るしやすいようにループ紐があれば良かったのですが。
f:id:kabocha-8:20220407013153j:image

袖口にさりげなくブランドロゴ。オシャレです。

着心地・サイズ感

生地はサラサラとて柔らかな触り心地です。Patagoniaのメリノウールのシャツの様な質感。

かぼちゃは身長172㎝ 体重は63~65㎏ どちらかというとガッチリ体型ですがサイズはMサイズを購入。フィット感はやや余裕がありですがダボつくほどではない。気になるのは裾がやや長めに感じること。かがんだりした時に背中が露出したり裾がせり上がらないのと洗濯による縮みをある程度想定してのデザインもあるとか。

使ってみて

実際に日中のトレイルランで着用してみました。


f:id:kabocha-8:20220407013218j:image

早朝の肌寒い時間帯では冷感素材のTシャツはまだ寒いと感じますが このアクシオのウール素材は軽いながらも冷え過ぎず快適でした。

何よりも柔らかい生地感で肌触りが良く着心地が良い。

トレイルを走り日が昇ってくると気温も高くなってきてしっかり発汗しましたが生地に吸い込まれた水分が拡散していくのがわかります。100%化繊の様にすぐにサラサラというわけではありませんでしたが いつまでもベタつく感じはなく 気が付くと渇いていました。


f:id:kabocha-8:20220407013230j:image

早朝から昼過ぎまでトレイルを走りました。ずっとザックを背負って走っていましたがラン後に生地表面に擦れや毛玉などは見られませんでした。

一日の使用だけでは測りかねますが耐摩耗性は他のウール系のTシャツよりはある様に思われます。これは今後も使用しながら見ていきたいと思います。


f:id:kabocha-8:20220407013248j:image

ちなみに購入するとロゴ入りのミニポーチが付いてきます。本当に小さいポーチですがちょっとした小物入れなど使えそう。

気になる点

価格はブランドオンラインストアで¥9680。Tシャツとしては決して安くはないと思うので購入を迷う理由になるかもしれませんが品質は申し分なく価格に見合うものだと感じます。 

裁断がラグランスリーブになっていて肩や腕が動かしやすいと感じました。しかしこのラグランスリーブ。現在出ている新モデルではセットインスリーブに変更となっているとのこと。個人的にラグランスリーブの方がランには向いていると思ったのですが新モデルと旧モデルでそうした動きやすさの違いも気になるところです。

個人的に今まで購入してきたティートンブロスのウェアはハズレがなくこれからも同ブランドのアイテムは追いかけたいと思います。

 

ティートンブロス アクシオライトティー オススメです。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

過去のティートンブロスの記事もよければお願いします。

 

kabocha-8.hatenablog.com

 

kabocha-8.hatenablog.com

 

kabocha-8.hatenablog.com

 

kabocha-8.hatenablog.com

【規則正しい生活】身体の調子が良くなった理由

どうも かぼちゃです。

【規則正しい生活】身体の調子が良くなった理由

f:id:kabocha-8:20210917212130j:plain

ひどく個人的な話ですが

最近身体の調子がいい。

原因は明確です。

・かぼちゃのお仕事

かぼちゃは介護福祉士として施設で働いています。月に5~8回程度 夜勤があります。

勤務時間は夕方から翌朝。

明確な仮眠時間や休憩時間はなく 業務の合間を縫って適宜食事などをとったり身体を休める感じです。

そんな感じなのでなるべく身体に疲労を残さない方法を日々の業務の中で試行錯誤し実践してます。

kabocha-8.hatenablog.com

しばらく夜勤をおやすみ中

しかし 訳あってここ数週間 夜勤業務はおろか早朝出勤である早出すら外れて日中勤務 いわゆる日勤のみで働いています。

夜勤業務を外れている訳は また機会があればこのブログで記したいと思います。

夜勤をしなくなったことで毎日規則正しく 朝起きて日中は働き夜寝るという生活が出来ています。

もともとかぼちゃはお酒は飲まないのですが そもそも今のご時世 仕事終わりの飲み会やら同僚と遅くまで出歩くなんてこともなくなっているので とにかく仕事終われば直帰して 夜はしっかり睡眠とって朝起きてまた仕事に行くという生活。

施設や病院などの夜勤を伴わない職種の方からするとなんてことない話かと思いますが 長年 介護施設で働いているかぼちゃとしては そんな生活は久方ぶり。 

感じる身体の変化

 数週間とはいえ規則正しい生活に戻った身体の変化です。

最初は心身共に戸惑いもありましたが 

とにかく 身体面が快調。

大袈裟でなく なんだこれは!と感じる程です。

主な身体が良くなったと感じる点は以下

・慢性的だった身体全体の疲労感が軽減された。

・偏頭痛が無くなった。

・腰痛が緩和された。

・排便が毎日ある。

・イライラが減った。

 

ざっくりとこんな感じです。

とにかく身体が軽い。

これからどうなる?

至極 感覚的な内容ですが この数週間でも身体の調子がすこぶるいいのを実感します。

規則正しく日々生活することがこれほど体調に関わるのか。 

まぁまだ数週間 慣れればこの今の感覚も変わるのかもしれませんが このままこの状況続く限り経過を観察していきたいと思います。

とは言え かぼちゃの場合は夜勤することで入る夜勤手当なるもので収入が大きく変わります。この数週間の身体の快調を考えるとこのまま現状を続けていきたいのですが まだまだ子育てに家族に趣味に貯金にお金が必要。いつまでも今の状況に甘んじているわけにもいかず 出来るだけ早く以前の様に夜勤業務に復帰したいとも考えています。

健康かお金か?的な話にも繋がりますが 悩ましい。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

【読書感想文】西野亮廣 ゴミ人間

どうも かぼちゃです。

 

【読書感想文】西野亮廣 ゴミ人間

著者 西野亮廣

日本のお笑いタレントであり絵本作家。

 

感想

エンターテイメントで世界を獲る。そんなとてつもない大きな目標を掲げ著者の軌跡。

 

才能も努力の量も凄まじい。

でもその努力をずっと続けられ向けられる熱量こそがもう才能なんだろうな。と感じました。

なんたかんやとテレビやネットでバッシングされてる印象の著者。

そういったバッシングを受けながらも地道な努力を積みかさね今の姿がある。

ただいじられたり道化を演じるコメディアンではなく裏では想像も出来ない程の努力と思考を繰り返してた。

常人には到底たどり着けない努力と才能と熱量のお話ですが なるほどと唸る内容もあり 特にリーダーとは「全員の意見に耳を傾け最後は独裁する」「一番してはいけないことは多数決」「正解を選ぶのではなく選んだ道を正解にする」というのは自分の役職に通じるところが多々あるなぁと思いました。

文体もサクサクと読みやすく 時折クスッと笑ってしまう言葉を入れ込んでくるのはさすがお笑い芸人。

 


 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

【走る】ゆっくり走るつもりが

どうも かぼちゃです。

今日は丸一日息子と過ごしました。

この子どもと過ごす時間とランニングを組み合わせれないかなぁ?と思い最近 自転車を補助輪なしで乗れるようになった息子に協力してもらおうと考えました。

公園の周回コースをグルグル周る。

かぼちゃはゆっくりジョグペース。

息子も自転車でゆっくり後ろを追いかけてくる。という感じ。

これなら自転車の練習にもなるし丁度良いか。

f:id:kabocha-8:20210923222055j:image

息子に説明し いざ走り出します。

しかし思い通りにはいかないもので 子どもと自転車はコース上何度も止まります。

ゆっくり先に行っていれば追いついてくるか?とか考えますがすぐに「ちょっと待って~」と呼び止められかぼちゃも立ち止まります。

息子はゆっくりと自転車を漕ぎ出し かぼちゃもゆっくり走り出す。

するといきなり高速で漕ぎ始めペースを上げる息子。

スピードに乗ると子供用とは言えさすがに自転車。グングン先に行ってしまいます。今度はおいて行かれそうになる。まだ不慣れな自転車で速いスピードは心配なので慌てて追いかけるかぼちゃ。

でも突然 思いついたように止まったり また走りだしたりを繰り返す息子。

緩急の差。

ゆっくり子どもの自転車練習も兼ねてジョギングのつもりが意図せずランダムな変化走 インターバル走みたいになってしまいました。

 

結局息子が飽きてしまって ほんの20分程のランニングで終わってしまったけど めちゃめちゃ汗が噴き出た。でも子どもは満足気でこれはこれで良かった。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

【トレイルランキャップ】milestone original capの新作が気になる

どうも かぼちゃです。

 

各アウトドアブランドの秋冬モデルが気になります。

特にトレイルランなどで活躍するヘッドランプブランドの「milestone」。

ヘッドランプと同様トレランでは同社のオリジナルキャップはかぼちゃの周りでも人気です。

公式のオンラインストアでは販売が始まっている模様です。

milestone81.com

f:id:kabocha-8:20210922221039p:plain

milestone81.com

これからの季節らしく淡い色のバリエーションですね。

ぐにゃりと曲げれるツバと「LIGHTING YOURWAY」の刺繍。どのカラーも好みで迷います。

これから山でもこの帽子目にすること増えるんだろうなぁ。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

kabocha-8.hatenablog.com

 

【ランニング】今日のランニング 少し気分を変える

どうも かぼちゃです。

 

先日のブログでは 夜は涼しくなってきた的なことを書きました。

kabocha-8.hatenablog.com

 

しかし 9月末は残暑がぶり返すとの話もあります。ちょっと憂鬱なニュースですね。

今日は ポイント練習としてインターバル走を行いました。

走る時間が日中しかとれず やはり真昼間の気温は高くまだまだ暑い。

いつも使わせて頂いてる近所の野球場の外周 約500m弱のコース。なんだか駐車場に車を停めた瞬間から暑くて憂鬱。ウジウジ考えながらとシューズを履きます。

しかし ふと思いつきました。

野球場含む公園施設の近くにサッカーコートとフットサル場施設が併設された施設があり その外周コースなら少し気分を変えて走ることが出来るのではないか?

そのまま車に乗り込み 野球場を後にし サッカー施設の駐車場に移動。

車を停めて 仕切り直しです。

軽くジョグでコース状況を確認。

サッカー・フットサルコートの外周なのでちょこちょこ直角に曲がらねばならない箇所が気になりましたが フラットで走るにはまずまず。

なんだか憂鬱だった気分も少し晴れてきました。 いざランニング。

正午も過ぎ 午後のもっとも暑い時間帯。

日差しががジリジリ照りつけます。なんだか顔がヒリヒリするのを感じました。

きつい練習も特に独りだと長く感じます。

なんとか走り終えると 下半身がピリピリ ジワァ~。ドクドクと血流が流れるのを感じる。毛細血管が拡がっていくような感じ。

時々あるこの感覚がなんだか好きです。

とは言え今年狙ってた大会 レースはほぼキャンセル。

なんだか切ないです。少し気分が落ちました。身体は磨いていても 気持ちは磨り減らさないように そんなこと考えながら 今日を走り終えました。

 

立ち寄ったスポーツショップで一目惚れしたナイキのキャップ。f:id:kabocha-8:20210921223657j:image

シンプルでカッコ良い。

深くて被りやすい。普段用でもいいし速乾性ありそうなのでランニングキャップとしても使えそう。ロゴと後ろのベルトがメタルな感じなので洗濯は手洗い推奨ですが。

 

気分が落ちた時に良い買い物が出来ると上がりますね。

そう かぼちゃは単純です。

 


 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

【読書感想文】瀬尾まいこ そして、バトンは渡された

どうも かぼちゃです。

今年実写映画化もされる ほっこり心温まる物語を紹介。

【読書感想文】瀬尾まいこ そして、バトンは渡された

 

・著者 瀬尾まいこ

1974(昭和49)年、大阪府生れ。大谷女子大学国文科卒。2001(平成13)年、「卵の緒」で坊っちゃん文学賞大賞を受賞 翌年単行本『卵の緒』で作家デビュー。2005年『幸福な食卓』で吉川英治文学新人賞を、2008年『戸村飯店 青春100連発』で坪田譲治文学賞を受賞する。他の作品に『図書館の神様』『優しい音楽』『温室デイズ』『僕の明日を照らして』『おしまいのデート』『僕らのごはんは明日で待ってる』『あと少し、もう少し』『春、戻る』『君が夏を走らせる』など多数。

文藝春秋HPより抜粋

あらすじ

血の繋がらない親の間をリレーされ、四回も名字が変わった森宮優子 十七歳。だが、彼女はいつも愛されていた。身近な人が愛おしくなる 著者会心の感動作。2019年本屋大賞受賞作。

感想

最近 「親ガチャ」という言葉をよく聞きます。

「子どもは親を選べない」ということをスマホゲームのガチャになぞらえてそう呼ぶらしいです。最初かぼちゃは子どもを持つ親としてはなんとも複雑な言葉だと思いました。将来息子に「うちの親は~」なんて言う話がでるのでしょうか?というかガチャでいう当たりかハズレかで表現されるのか?それともレアかSRかSSRなんて評されるのか?

さてさてこの「そして、バトンは渡された」。

主人公 森宮優子は17歳の女子高生。生まれたときは水戸。その次は田中。その次は泉ヶ原。そして現在の森宮とこれまで4回も育ての親と苗字が変わっているという境遇の女の子。複雑な家庭環境の主人公が紆余曲折。時に傷つき 道を外れながらも懸命に生き逞しく成長していく物語…。ではなくて ほっこり愛情に包まれた心温まる優しい物語です。

冒頭 困った。全然不幸ではないのだ。少しでも厄介なことや困難を抱えていればいいのだけれど-中略 この状況に申し訳なく思ってしまう。

と 始まるように 周りの心配をよそに主人公 優子は自身の境遇を決して不幸と思っていません。むしろ自身の境遇に対して同情や憐れむような言葉を投げかける大人たちにやや困惑しています。「このあたりで意地悪な継母にいじめられているいったエピソードの一つでも持っていた方が周りの大人たちは安心するのだろうか?」なんて真剣に考えてしまう始末。

というのも様々な事情で家庭環境が変わってもそれぞれの継母継父は皆優しい人ばかりで たくさんの愛情を優子に注いでくれるのです。そんなちょっと変わった人生を送ってきた主人優子と登場人物とのやりとりが時に笑えて時にほっこりさせてくれ 読み終ったあとに心が温かくなる。そんな物語です。

 

他人からすれば不幸に見える境遇。でもそれが必ずしも本人の抱いてる感情とマッチしているとは限らない。

親ガチャという言葉がこの物語の中にあったとしたら 優子はどんな風に考えるのでしょう?

そして、バトンは渡された。

今年 永野芽郁さん田中圭さん石原さとみさんら豪華俳優陣で実写映画化とのこと。

そちらも楽しみです。

wwws.warnerbros.co.jp

 


 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

【走る】終わりよければすべてよし 日々のランニングの最後に

どうも かぼちゃです。


f:id:kabocha-8:20210921225145j:image

【走る】終わりよければすべてよし 日々のランニングの最後に

 

だいぶ気温も下がってきて 特に日が暮れてからは夜風の中走るのが気持ち良くなってきました。 

日々ランニングで心掛けていることがあります。それは長い距離 短い距離問わず ランニングのトレーニングの最後に必ず「流し走」を入れることです。

 

・流し走とは?

「流し】 もしくは「ウインドスプリント」とも言います。

全力疾走の70~80%程の力で走るトレーニング方法。

これを日々のランニングの最後に必ず行う様にしています。

・距離と本数

距離は100~150mくらい。

本数は5~10回程度です。

練習後の疲労具合で決めます。

・注意してること

行う時に注意していることがあります。

それは「雑に走らないこと。」です。

決して全力疾走 所謂「ダッシュ練」とは違います。

ウインドスプリントとも言われるくらいなので風を切るペースではありますが一本一本 フォームや着地などを確認しながら走ることを意識しています。

・なぜ流し走を入れるのか

流し走の効果として心肺機能の向上や速いペースに身体を慣れさせる等のスピードアップ効果があると言われますが かぼちゃがこの流し走をランニングの最後に入れる理由はちょっと違います。

その理由とは「日々の練習を悪いイメージで終わらせない。」ということがあります。

例えば強度の高い練習で終盤は疲労からフォームが崩れてしまう。「あぁ今日の練習はキツかった」でその日を終えてしまうと ネガティブなイメージを引きずってしまう。また変なクセを身体に覚え込ませてしまうかもしれない。ということからリセットの意味を込めて取り入れてます。

どんな距離であれペースであれ ロード トレイル問わずその日のランニングの最後に流し走を入れる。

慣れないうちは 練習の最後「あぁめんどくさい」と思ってしまいますが 慣れれば最後の仕上げてな感じで やらないと落ち着かないという風になります。

一度試してみて下さい。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

【読書感想文】子どもと「ぶつかる習慣」から「つながる習慣」へ 自分でできる子に育つほめ方叱り方

どうも かぼちゃです。

【読書感想文】自分でできる子に育つ ほめ方叱り方

子育って難しいという話。

かぼちゃには6歳の息子がいます。

普段の生活にしろ 学校にしろ 子どもってなかなか親の思惑通りにはいきませんね。

予想外の成長を目の当たりにすることもあれば 当然越えてくれるであろうと思ってたハードルで躓くこともあり なんでだよって思ってしまうこともあります。

どうしても叱り方ひとつにしても強い言い方になってしまう。

小さいころ 両親に怒られた時 理不尽に声を荒げられたような気がしてひどく落ち込んで経験があります。

もし自分に子供が出来た時は こんな風に子供に叱ったりしない優しいお父さんになろう。

そう思ってました。

でも現実は昔の両親と同じ様に強い口調で時に大きな声で子供を叱責してしまいます。

でも今なら なんだかあの当時の両親に気持ちがわかる気がします。

子どもが何か間違ったことをしたり 言う事を聞かなかったりする時 思わず感情的になってしまう。

それは 「このくらいのことはわかるだろう。」「これくらいのハードルは最低 軽々越えてくれるだろう。」という親の期待があるからなんですね。

子どもに対して期待してるからこそ 期待が大きいからこそ なんでこれくらい出来ないんだ!て感情的になってしまう。子どもの成長を期待してしまう。

子どもに対して真剣になる。本気になる。それ自体決して間違えじゃない。でもきっと方法は間違えてる気がする。

もっと感情に訴えない 子どもに向き合ったやり方がある気がする。

 

最近出会った本がとても読みやすく はっとすることが多かったので紹介します。

自分でできる子に育つ ほめ方叱り方

【モッテソーリ教育・レッジョ・エミリア教育を知り尽くしたオックスフォード児童発達学博が語る 

自分でできる子に育つ ほめ方叱り方】

 

Deicover出版

・著者 島村華子

オックスフォード大学修士・博士課程修了(児童発達学)。

モッテソーリ&レッジョ・エミリア教育研究者。

カナダの大学にて幼児教育の教員養成に関わる。

・間違った接し方だった 条件付きの子育て

教育や子育てを語るとき 大人は自分たちが決めた「成功」のイメージを知らず知らずに押し付けていないか?しつけでから仕方ないと愛情の駆け引きをするような条件付きの接し方をしていないか?

 

冒頭のこのような文章を読んだ時 はっとしました。

まさにかぼちゃの子どもに対する接し方そのものでした。

条件付きの接し方とは 子どもの行動の善し悪しによって 褒美や罰を使いながら愛情の注ぎ加減を調整し 行動をコントロールしようとする子育て。

ただ行動だけを見て判断し なぜその行動になったか考えず 表面上の行動だけで褒めたり親の期待に沿わなければ罰を与える。

この条件付きの子育てにはデメリットがたくさんあり 子どもの行動の表面上し見ておらず 子どもにとっては頭ごなしに怒られた記憶しか残らない。

それよりも 子どもの行動を見るのではなく その行動の理由や考え方理解しようとする接し方を実践していくべきだとしています。

・安易な褒め言葉はやめよう。

その方法に一つに「ほめ方と叱り方に気をつける」

ということがあるのですが この項目がかぼちゃ的に目からウロコな内容でした。

例えば 安易な「ほめて伸ばす」には要注意。という話。

「凄い よくできたね えらいね なんでもできるね」

子どもの自己肯定感を高めようと 安易な褒め言葉をつかっていないですか?と書かれています。

これらは「おざなりほめ」といって 表面上の安易な褒め言葉は子どもにとっては逆効果になることが多いと言います。

・大切なのはプロセスに目を向けること

この「おざなりほめ」で子どもは時として 褒められないと自信が持てないほめられ依存症になったり 努力の有無にかかわらずいつも「上手」と言われると 子どもは自己評価する必要がなくなり 頑張る必要性を感じなくなるというのです。

そうした表面的な褒め方ではなく 褒めるときは成果よりも 努力・姿勢・やり方といったプロセスを中心に褒める 「プロセス褒め」を実践していくのが大切。

・がんばって最後までやりきったこと

・あきらめなかったこと

・いろんな方法を試したこと などを褒める。

ごはんをこぼさずに食べた子どもに対して単純に「すごい えらい」といったり「お利口さん」というのではなく「こぼさないようにスプーンの持ち方を変えてみたのね」とそのプロセスをちゃんと見てあげるというものです。

こうした褒め方を工夫することによって子どもは失敗してもあきらめるのではなく柔軟にいろいろな方法を試すことで成功できるかもしれないという考えを育めるというのです。

 

こうした褒め方の様々な工夫がある。という内容だけでなく 逆に叱り方であったり 子どもの声により耳を傾ける傾聴によって子どもとつながる習慣をみにつける方法などが紹介されていて それでいて堅苦しい文章ではなく 読みやすくわかりやすい 内容です。

まだまだかぼちゃは子育て初心者ですが オススメの本です。

 


 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

【カフェイン断ち生活】コーヒー飲まなくなったその後について

どうも かぼちゃです。

【カフェイン断ち生活】コーヒー飲まなくなったその後について

以前 胃腸のトラブルからカフェイン断ちを生活が改善した記事を書きました。

kabocha-8.hatenablog.com

記事を書いたのは6月。

コーヒーを飲まなくなったのは4月の末だったのでそれから半年が経とうとしています。

かぼちゃのカフェイン断ち生活はその後はどうなったのでしょうか??

f:id:kabocha-8:20210917212130j:image

・あれから半年。カフェイン断ち生活は…。

 

 

 

以前と同じようにコーヒー飲んでます。

毎朝コーヒーが欠かせません(涙)

・なぜそうなってしまったのか?

事の顛末を簡単に説明します。

胃腸トラブルで刺激物であるカフェインが入っているコーヒー等を飲むことをすっぱりやめました。

胃腸の回復後もそのままカフェイン断ち生活を続けていました。

このカフェイン断ち生活。思いの他スムーズで 所謂カフェインの離脱症状など目立った弊害はなくそのまま続けることが出来ました。

 

約5ヶ月程のカフェイン断ち生活でした。

 

変化があったのは約1ヶ月程前の事です。

ある時 ふと無性にコーラが飲みたくなりました。

ノドが渇いていたのもありますがいろんな飲み物の選択肢の中で頭に浮かんだのはコカ・コーラの赤い缶です。

それまで努めてカフェインが入っている飲み物を避けていたのですが その時は飲みたい。飲みたい衝動が抑えられませんでした。

かぼちゃの自宅の近くにはコカ・コーラの真っ赤な自販機があります。サイフ片手に家を飛び出し一目散にコーラを購入。そして自宅のリビングで一口…。

 

「うっま~い!!!」

 

コーラってこんなに甘くて美味しかったのか。

 

それをきっかけに 正に タガが外れるとはこのこと。と言わんばかりに身体がコーラを欲します。夜中でも目が覚めて 夜な夜な自販機へGO!

糖分の多い赤缶よりもせめてもの罪悪感が少ないゼロコーラに変えたりと 何か自分に言い訳しながらコーラコーラの毎日。

 

・そしてある日

流石に毎日自販機コーラはお金が掛かる。そんなこと考え コーラを買うのを躊躇しだすと 次第に飲むことやめてたコーヒーに移行。

朝に一杯のコーヒー 至福の時。

昼飯後に一杯 至福の時。

夕食後に一杯 至福の時。

なんやかんや合間にコーヒー 至福の時。

結局 以前の様に一日に数杯コーヒーを飲まないといられない体質と生活に逆もどりです。

・まとめ

自分自身わかっているのですが なんともせっかくのカフェインレス生活だったのにもったいない。とは言えきっかけがないとやめれそうにもない。かと言って前のような胃腸トラブルはこりごりです。

困った。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

【ランニングシューズ】アシックス マジックスピード 走ってみた感想とか

どうも かぼちゃです。


f:id:kabocha-8:20210916153132j:image

アシックス マジックスピード 履いて走ってみた感想など書いて行きたいと思います。

前回の記事

kabocha-8.hatenablog.com

【ランニングシューズ】アシックス マジックスピード 走ってみた感想とか


f:id:kabocha-8:20210916153208j:image
普段走っている近所の公園の約500mの周回コースでいろんなペースで走ってみました。

・足を通した感覚

まず履いてみて感じるのはアシックスでも同じ爪先の反りあがった形状。エボライド2と比べても より爪先の反りあがりが強く感じます。

エボライド2はクッション性が高いためミッドソールの柔らかさを感じますが マジックスピードはミッドソールの厚さはあるけど柔らかすぎず適度な硬さがあります。

以下ペースを変えて走ってみた感想です。

・㎞5:50~5:30

ゆっくりジョグペース。

軽量のカーボン搭載とのことですが このペースでは反発はほとんど感じませんでした。ガイドソールの形状とペースがマッチしていないからか着地の際に足裏に違和感があり足へのストレスを感じました。ジョグやLSDのようなゆっくりとしたペースには向かないように思われます。

・㎞5:10~4:50

少し身体をほぐしてから ややペースアップし走りました。

これくらいペースを上げるとジョグの時のような突き上げられる違和感はなくなりました。かぼちゃは走る時はクセでフォアフット気味に足が着地するのですがフラット気味に着地する方がより反発を感じるような気がします。クッションは感じますがしっかり硬さもあり シューズの重さもさほど気になりません。

・㎞4:30~4:15

かぼちゃ的にはこのくらいのペースが一番足がうまく回転して走れているイメージでした。ペースが上がって身体が前傾になるとよりこのシューズの真価が発揮されるような気がします。ガイドソールの形状の恩恵を一番受けてるのを感じました。より前へ前へと足が出る感じ。それほど意識してないのにペースが上がっていました。自然にストライドが伸びていたのかもしれません。

・㎞4:10~4:00

これくらいのペースでもシューズの重さは気にならないので問題なく使えそうです。このペースで長い距離は試せてないのですが より走力がある方ならさらに速いペースの練習でも使えると思います。

・走り終えた感想

厚底の見た目以上にしっかり地面を捉えらえる感覚もあります。薄底シューズの様なダイレクト感には及ばないですがそれでもどちらかと言えば薄底シューズの感覚に近い気がします。 適度なミッドソールの硬さがしっかり地面の衝撃から足を守ってくれそうです。

カーボン搭載ということですが はっきりいってそれほど強い反発は感じませんでした。反発が強すぎず弱すぎずという印象。ジョグ等のゆっくりペースには向かないですが それでも反発性とクッション性のバランスが良く 使えるペースの幅は広そうです。価格も他のカーボンプレート搭載シューズに比べれば手に入り易い価格帯ですし ソールの耐久性もあるのでガンガン走り込みに使えそうです。

 

㎞5:30前後で走る方 例えばフルマラソンでサブ4を目指すランナーの方にとってはガイドソールやカーボンの恩恵は少なく このシューズは向いていないと思います。

サブ3.5からそれよりも速いタイムを目指す方のレース用にはバッチリハマるような気がします。また日々のトレーニング ペース走やインターバル走等のポイント練習にも十分耐えれると思います。

サブ3もしくはそれよりも速いペースで走る方にとってはレース用としては物足りないものがあると思います。とはいえスピードを入れたトレーニングやポイント練習などに使うシューズとしては十分機能するのではないでしょうか。

 

アシックスの軽量カーボン搭載モデル マジックスピード。

レースにトレーニングに使える幅の広いオススメシューズです。

 


 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

【読書感想文】忘れること失くすことは救いなのか? 川村元気 百花

どうも かぼちゃです。

【読書感想文】忘れること失くすことは救いなのか? 川村元気 百花

文春文庫 百花 

books.bunshun.jp,

・あらすじ

「あなたは誰?」。徐々に息子の泉を忘れていく母と、母との思い出を蘇らせていく泉。ふたりで生きてきた親子には忘れることのできない”事件”があった。泉は思い出す。かつて「母を一度、失った」ことを。記憶が消えゆく中、泉は封印された過去に手を伸ばす…。現代に新たな光を投げかける、愛と記憶の物語。

本書あらすじより抜粋

・著者 川村元気

1979年横浜生まれ。映画プロデューサー。作家。上智大学文学部新聞学科卒業。「電車男」「告白」「悪人」などの映画を制作。2012年に「世界から猫が消えたなら」で作家としてデビュー。

・感想

ある人のサイフが最近やけに小銭が貯まっている。片付け好きだった方なのに最近炊事場に洗い物がそのままになっている。既に家にあるものを繰り返し買ってしまってる。最近なんだかいつもと様子が違う。そうした家族の違和感や気づきをきっかけに高齢者の方の認知症が発覚するケースはよくあります。この様な事柄は認知症の初期症状の方によく見られる傾向だからです。この物語の冒頭のそうした描写を読んだ時 職業柄「おや?」と思いました。

 

認知症には中核症状というものがあります。

記憶障害 見当識障害 実行機能障害 言語障害 理解や判断力の低下 失行 失認です。

記憶障害は読んで字のごとく 記憶を留めておけない障害です。短期記憶つまり最近のことは忘れてしまう障害です。しかし長期記憶 つまり昔の出来事や古い記憶は鮮明に覚えてたりするのも特徴です。

見当識障害とは今が朝なのか?昼なのか?夜なのか?と言った時間の見当識。さらに自分が今どこにいるのかわからなくなる。例えば自宅にいるのにそこがどこなのかわからなくなり「家に帰りたい」と言ったりといった場所の見当識障害があります。

実行機能障害とは日常生活で何かを計画し実行することが出来なくなる障害。

言葉が出なくなったり 相手の言葉をオウム返ししてしまったり会話が出来なくなる言語障害。

買い物等で計算が難しくなり 小銭があってもお札で払ってしまったり 信号が赤なのに渡ろうとしてしまうというのが理解力 判断力の低下。

服を着る スプーンを使って食事をするなど日常動作が行えなくなるのが失行という障害。

自分の身体の状態や物との位置関係 目の前にあるものが何かを認識し難くなる失認といいます。

これらを認知症の中核症状といいます。

さらにこの中核症状が引き金となって起こる症状がBPSD(周辺症状)と呼ばれる症状です。

BPSDには 徘徊や妄想 幻覚 興奮 意欲低下などがあります。

それらは初期症状に起因していて 例えば記憶障害が原因で「ここにあったサイフがない。ヘルパーの○○さんが盗った。」といった「妄想」や 失行やその他の障害が重なり 思うように出来ないことが続き結果ひどく興奮したり 逆に意欲が低下したりといった症状。記憶障害や見当識障害が原因で もう息子は成人してそれなりの年齢になっているのにも関わらず「幼い息子が学校から帰ってくるから迎えにいかなきゃ」と外に飛び出し どこに行けばいいのかわからなくなってしまう「徘徊」といった症状があります。

 

物語前半の主人公泉が感じる母への違和感はまさに認知症の初期症状 中核症状の出現です。それには母百合子も気付いていて 最初はうっかりだと思っていたことが続く様になり 今まで当たり前に出来ていたことがなぜか出来なくなる。わからなくなる。 認知症の症状が少しずつ進行し本人も「これはただのうっかりではない」と問題を自覚し始める。変化していく自身への不安や焦燥 混乱の描写がとて生々しくて感じました。

特にある場面の百合子の頭の中に目に映るものと記憶 思考や想いや言葉 いろんなものがごちゃ混ぜなって頭の中を駆け巡るような描写。多くの認知症の方と接してきた介護職の観点からも「今まで関わってきた認知症の方々はこういう世界の中に生きているのでは」と思ってしまう程リアルに感じました。

そしてそうした認知症の初期症状から始まり さらに引き起こされる徘徊や興奮 幻覚等のBPSD。それらが母百合子だけでなく 主人公泉やその家族も巻き込み苦しめていく。

介護職として日々目の当たりにしている認知症の患者とその家族の姿がこの物語の中でもありありと描かれていて それが胸が締め付けられるような気持ちになりました。

その人らしさとは その人本人が今まで築き上げてきた記憶やもの生活歴です。

認知症はそうしたその人らしさをかくも無残に奪いとっていく恐ろしい病気です。そしてその恐ろしい病気が決して珍しい病ではなく将来 認知症に罹るのは5人に一人とも6人に一人とも言われるほど身近で厄介な病気です。

 

しかし かぼちゃが介護の仕事に携わり始めたころ ある先輩上司がこんなことをいっていました。

 

認知症っていうのは神様の贈り物だと思う。

人間は歳をとるといろんなことが出来なくなっていく。

容姿もどんどん老いて変わっていくし 昔の様に働くことも出来なくなるし 元気に動くことも出来なくなる。日常生活でいろんな失敗して誰かのお世話になったり 迷惑をかけたと思うことも多くなる。

段々一人では生きていけなくなって 誰かに頼らざるを得なくなる。

ありがたい と思う気持ち。

でも

迷惑をかけて申し訳ないという気持ち。

うまく出来なくて悲しいという気持ち。

恥ずかしいと思う気持ち。

 

もう耐えきれないと思うかもしれない。

 

でも認知症は全部忘れさせてくれる。わからなくしてくれる。

悲しいもごめんなさいも恥ずかしいもありがとうも 良いも悪いも平等にみんなわからなくなって 本人はニコニコしながら生きてそして死んでいける。

周りの家族は凄い大変だけど 本人にとっては苦しんだり悩んだり誰かに気を使って生きていくよりは幸せなことやと思う。

だから認知症って神様が人生の最後にくれる贈りものだと私は思う。

 

概ねそんな内容だったと思います。

その先輩の言葉が正しいのか間違っているのかは今でもわかりません。

答えは実際に認知症を患っている本人とそれに関わり寄り添う家族 それぞれの中にあると思います。

でもこの「百花」を読み終えた時 忘れていく 失くしていくことが必ずしも悲しいことだけではない。なんというか 救いの気持ちが込められている気がして ふと昔の先輩上司の言葉を思い出しました。

 

川村元気著書 世界から猫が消えたならもオススメです。

以前の書いた記事もよければご覧ください。

kabocha-8.hatenablog.com

 


 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

【継続は力】 書くことと走ることって似てる

どうも かぼちゃです。


f:id:kabocha-8:20210913231709j:image

9月7日に投稿した記事から今回の記事で7日間連続投稿です。

それがどうした?と言われるかもですが

恥ずかしながら「はてなブログ」を始めてもうすぐ1年が経とうとしているのですが1週間連続投稿したのは今回が初めてです。

ブログって難しい。

毎日記事を書いて継続することのなんと難しいことか。

毎日記事を投稿されている方々には本当に頭が下がります。

何だかランニングを始めたての頃を思い出します。まだ10㎞はおろか5㎞だって走りかねていた10年程前。

何せ毎日「走る」ということを継続して習慣化させることにとても苦労した記憶があります。少しの距離をゆっくり走るだけでも 凄く力を使っていたんだと思います。一回走ることに多くを出力していたというか。

このブログを「書く」という行為を習慣化させれば少ない出力でもっと継続出来るだろうな。とわかっちゃいるけど なんやかんや理由をつけては書かない日ができちゃうわけで こんなこと書きながらも明日はうっかり投稿せずに終わるかもしれない。

一度止まってしまうと再び動き出すのに 動き続けてるときよりも少し大きな力がいるんですよね。

なんだかほんとうにランニングと似てますね。

 

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

【ランニングシューズ】カーボンプレート搭載モデル アシックス マジックスピード

どうも かぼちゃです。

 

最近購入したランニングシューズを紹介。とは言ってもまだ手元に届いただけで実際に走った感想はまた今度なのですが ひとまず手に取った感触など書いていきたいと思います。

そのシューズというのは

カーボンプレート搭載モデルシューズ

アシックス マジックスピードです。

f:id:kabocha-8:20210912175904j:image

カーボンプレート搭載モデル アシックス マジックスピード

www.asics.com

 

・マジックスピードとは

アシックスレーシングモデルにおける最高峰のシューズのひとつ、METASPEED SERIESの機能・デザインを引き継いだMAGIC SPEEDは、優れた走行効率性と、クッション性・反発性をあわせもつモデルです。
つま先が弓状に上がったガイドソールテクノロジーに、軽量のカーボンプレートを搭載。ソールの形状を維持し重心の移動を促すことで、蹴り出しのスピードを高めると同時に、エネルギーの消費を抑えます。
アシックス独自開発のフォーム材FLYTEFOAM BLASTクッショニングが優れた反発性と軽量性を発揮し、ストライドを伸長。スピードランニングをサポートします。
また快適なランニングを追求し、アッパーには軽く通気性に優れたエンジニアードモノフィラメントメッシュを採用。
さらに耐摩耗性に優れたアウターソール材AHARを搭載し、グリップ力に考慮したソール意匠を採用しています。
レースからトレーニングまで汎用的な使用が可能なMAGIC SPEEDで、自己ベストを目指せ。

・優れた反発性を発揮する軽量フォーム材FLYTEFOAM BLASTをミッドソール全面に採用
・弓状のガイドソールテクノロジーが優れた走行効率性を発揮
・前足部に搭載されたカーボンプレートが剛性を高め、スムーズな蹴り出しをサポート
・エンジニアードモノフィラメントメッシュが通気性を向上
・グリップ力に考慮した意匠を採用したAHARアウターソールラバーが耐久性を向上

https://www.asics.com/jp/ja-jp/magic-speed/p/1011B026-600.html?width=STANDARD&rrec=true

アシックス公式HPより

 

f:id:kabocha-8:20210912225602p:plain

↑公式のシューズチャート

 

・コスパ良好?カーボンプレート搭載モデル

「METASPEED Sky」 「METASPEED Edge」のデザインと機能を引き継ぎつつ 両シューズをレース用に使うランナーのトレーニングモデルという位置づけでありながらサブ3.5ランナーのレースシューズとしても十分な性能であるとのこと。軽量のカーボンプレート搭載ながら「METASPEED Sky」 「METASPEED Edge」が20000円台を軽く超えるシューズに対し 本シューズは10000円台前半で購入可能。何やらコスパも良さそうなのでレースに出る予定もないですが物は試しで購入してみました。

・ガイドソール

f:id:kabocha-8:20210912175922j:image

ソールはこんな感じです。ソールのパターンはSkyやEdgeと似た形状。


f:id:kabocha-8:20210912175952j:image

見た目にしっかり厚みのあるミッドソール。

前足部のみに軽量のカーボンプレートを搭載しており半カーボンシューズと言った仕様。

そして つま先が反りあがったガイドソール。効率的に足を前に運ぶというこの形状はとても走りやすくて かぼちゃはランニングでは同じようにガイドソールのあるエボライド エボライド2を使ってます。このマジックスピードはより反りあがりが強い印象です。

・エボライド2との形状比較f:id:kabocha-8:20210912180059j:image

左エボライド2

右マジックスピード 

ほんの少しだけど見た目にもマジックスピードの方がつま先が反りあがって見えます。

 

・履いてみた感想

f:id:kabocha-8:20210912180042j:image

シュータンと足入れ口です。

エボライドの様な厚みのあるシュータンや足回りではなく 所謂軽量レースモデルシューズと同じように薄くてフィット感の良い素材で出来てます。


f:id:kabocha-8:20210912180110j:image

実際に足を入れてみました。かぼちゃはサイズ26.5㎝。

このマジックスピード ワイド幅もありますが かぼちゃはスタンダード幅モデル。

エボライド2も同じサイズで足幅がやや緩く感じていたのですがこのマジックスピードはアッパーの素材が薄くて足の形にピッタリフィットする様な履き心地。公式の説明の通り通気性も良さそう。

カタログ上は重量は同じ230ℊ。だけど圧倒的にこちらのマジックスピードの方が軽く感じます。また見た目同様 つま先の反りあがりの感覚はやはりマジックスピードの方がしっかりと感じます。少し重心を前にすると各カクンと前足部に傾く感じ。

ミッドソールの厚みは床履きではしっかり感じます。

 

 

エボライド2は前モデルのエボライドに比べてクッション性が増した分 ガイドソールによる足の回転の恩恵が薄まった印象でした。なのでロング走やジョグ向けでペース走等の速いスピードでのランニングには向いていませんでした。でもこのマジックスピードはガイドソールの機能 カーボン素材の搭載でレースにもトレーニングにも使える汎用性を備えてるとのことでどんな走り口なのか楽しみです。

また実際走ってみた感想など改めて書いてみたいと思います。

 


 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

スポンサーリンク